ダンビュライト

ダンビュライト 写真ダンビュライト情報
父ルーラーシップ×母タンザナイト(BMSサンデーサイレンス)
2014.3.3生 牡馬 黒鹿毛 栗東・音無秀孝厩舎 一口90万
ダンビュライト 募集時カタログ写真2015.05.25 NFYearling(募集時カタログ写真)

下へスクロール

更新日在厩地公式レポート
10月11日NFしがらき状態に変わりありませんが、状態を確認した音無調教師と相談して、もうしばらくこちらで楽をさせたいと考えています。11月24日(日)東京・ジャパンC(G1・芝2400m)に向けて調整していきます。
10月9日NFしがらきレース後は変わりありません。10月8日(火)にNFしがらきへ放牧に出ています。短期間を予定しており、次走は11月3日(祝・日)東京・アルゼンチン共和国杯(G2・ハンデ・芝2500m)が候補に挙がっています。
10月6日栗東TC10月6日(日)京都11R・京都大賞典(G2・芝2400m)に57kg松若騎手で出走して勝ち馬から1馬身1/4差の2着、馬体重はプラス12kgの494kgでした。他に行く馬がいなかったのでハナに立ち、いいレースができましたが、ゴール前で惜しくも交わされしまいました。松若騎手は「位置取りは周りをみて決めるつもりでした。内の馬が牽制しあっていたのでハナにいきました。道中は自分のペースでリズムよく走れたのに、最後は勝ち馬にやられました。パドックで乗った直後はテンションが上がりましたが、元々馬場には先入れの予定でしたし、その後は問題ありませんでした」と話しています。
10月3日栗東TC10月6日(日)京都11R・京都大賞典(G2・芝2400m)に57kg松若騎手で出走が確定しました。このレースは17頭立てです。
10月2日栗東TC10月6日(日)京都・京都大賞典に57kg松若騎手で出走を予定しています。想定では、17頭が出走意思を表明しています。10月2日(水)は松若騎手を背に坂路コースで追い切られ、半マイル51.2-37.0-24.2-12.4の時計をマークしました。今週もインディチャンプ号との併せ馬でした。音無調教師は「動きがよく、自信をもって送り出せます。プラス体重での出走となるかもしれませんが、仕上がりました」と話しています。
9月30日栗東TC10月6日(日)京都・京都大賞典(G2・芝2400m)に特別登録があります。このレースには、フルゲート18頭に対して17頭の登録があります。
9月25日栗東TC10月6日(日)京都・京都大賞典に松若騎手で出走を予定しています。9月25日(水)は坂路コース併せで追い切られ、半マイル50.7-37.2-24.5-12.7の時計をマークしました。音無調教師は「インディチャンプに先着しました。来週の追い切りは松若騎手が乗るかもしれません。テンションの高さはありますが、問題なく仕上がると思います」と話しています。
9月19日栗東TC9月19日(木)は松若騎手を背に坂路コースで追い切られ、半マイル51.5-37.9-24.9-12.6の時計を単走でマークしました。音無調教師は「後半の時間帯でしたが、上々の動きです」と話していました。
9月18日栗東TC10月6日(日)京都・京都大賞典に向けてしっかりと乗り込まれています。今週は9月19日(木)に追い切られる予定です。
9月11日栗東TC10月6日(日)京都・京都大賞典に松若騎手で出走を予定しています。入厩後も順調で、9月11日(水)は坂路コースで半マイル55.1-40.4-26.5-13.2の時計をマークしました。レースに向けて仕上げていきます。
9月7日栗東TC9月7日(土)栗東TCに入厩しました。
9月6日NFしがらき週3日は周回コース2700mをハロン23秒ペースで乗られています。この中間もテンションが上がることもなく順調に乗り込めています。9月7日(土)栗東TCへ入厩が決まりました。現在の馬体重は517kgです。
8月23日NFしがらき輸送の疲れもなく、すぐに乗り出せています。周回コース1800~2700mと坂路コース(800m)で乗られており、ハロン15秒の速めの調教も消化しています。次走は10月6日(日)京都・京都大賞典(G2・芝2400m)を予定しています。昨年出走した中山・オールカマーも検討しましたが、他馬の動向をみると京都大賞典の方が頭数的にもメンバー的にも魅力がありそうです。現在の馬体重は516kgです。
8月10日NFしがらき8月10日(土)にNF天栄からNFしがらきへ移動しました。こちらで入厩態勢を整えます。
8月9日NF天栄NFしがらきへの移動に備えて、昨日8月8日(木)にNF天栄へ移動しています。
8月1日NF早来周回コース2700~3600mを普通キャンターで乗られながら、トレッドミルの運動を行ったり、屋内坂路(800m)を登坂しています。屋内坂路では週末にはハロン13秒の速めの調教を課されており、順調に移動できる態勢を整えています。そろそろ具体的な復帰戦を検討します。現在の馬体重は516kgです。
7月18日NF早来周回コース3600mを普通キャンターで乗られながら、週3日は屋内坂路(800m)をハロン15秒で1本登坂し、週2日はトレッドミルで調整しています。少しずつペースアップを図っており、ハロン15秒を切るペースで登坂する日も設けています。この調子で復帰の準備を進めます。現在の馬体重は530kgです。
7月4日NF早来週3日は周回コース2700mを軽めキャンターで乗られたあとに、屋内坂路(800m)をハロン15~16秒ペースで1本登坂し、週3日は周回コース2700mのみ乗られています。この中間も変わらずに乗り込めており、しっかりと息をつくっていきます。現在の馬体重は532kgです。
6月20日NF早来周回コース2700mを軽めキャンターで乗られながら、週1日は屋内坂路(800m)をハロン16秒ペースで1本登坂しています。ハロン15秒台までペースアップする日もありますが、脚元は落ち着いています。現在の馬体重は534kgです。
6月6日NF早来今週から、屋内坂路(800m)と、周回コースで軽めペースで乗り始めました。前脚の状態をよく見ながら調教を進めます。現在の馬体重は526kgです。
5月23日NF早来今週からロンギ場で軽めの騎乗運動を開始しました。脚元の経過は良好で、このままペースを上げられそうです。現在の馬体重は522kgです。
5月9日NF早来この中間からトレッドミルでの運動を開始し、ウォーキングマシンでの調整と織り交ぜています。調整内容をステップアップしても脚元には変わりありません。現在の馬体重は515kgです。
4月25日NF早来入場後はウォーキングマシンでの調整に控えています。様子をみながら進める必要はありますが、歩様は悪くなく元気いっぱいな様子です。現在の馬体重は515kgです。
4月13日NF早来本日4月13日(土)にNF早来へ到着しています。
4月11日NF天栄4月11日(木)発でNF早来への中継地のNF天栄に移動しました。
4月10日NFしがらき到着後は軽めの運動で調整していました。しかし、今週になって左前脚の球節部が腫れてきました。骨折の疑いがあったため、4月10日(水)に栗東TCへ移動して診療所で検査したところ、第一指骨の骨折が確認されて、全治3ヵ月以上の事故見舞金の対象になると診断されました(レース後日にちが経っていないことから、レース中に発症したものと認められています)。その日のうちにNFしがらきへ戻っており、今後はNF早来で療養する方向で検討しています。早めの夏休みとなってしまいましたが、しっかりと治して秋に備えたいと思います。
4月4日NFしがらき4月4日(木)にNFしがらきへ放牧に出ました。
4月3日栗東TCレース後は変わりありません。枠に泣いた感じがしており、幸いダメージもありませんでした。4月4日(木)にNFしがらきへの放牧を予定しています。
3月31日栗東TC3月31日(日)阪神11R・大阪杯(G1・芝2000m)に57kg松若騎手で出走、勝ち馬から0秒6差の9着、馬体重は482kg(-10)でした。五分のスタートから6~7番手の外めを追走していきました。終始外を通ることになり、直線では伸び切れずレースを終えています。
松若騎手は「スタートから流れに乗れましたが、終始外を回ることになり、大外枠はかなり不利でした。本馬場入場は上手く行ったのですが…」。音無調教師は「今日は内枠でないと厳しく、ツキがなかったですね、今後はNFしがらき放牧でリフレッシュさせます」と話していました。
3月28日栗東TC3月31日(日)阪神11R・大阪杯(G1・芝2000m)に57kg松若騎手で出走が確定しています。このレースは14頭立てになりました。
3月27日栗東TC3月31日(日)阪神・大阪杯に57kg松若騎手で出走を予定しています。想定では、14頭が出走意思を表明しています。3月27日(水)は坂路コースで追い切られ、半マイル51.8-38.1-25.0-12.6の時計をマークしました。松若騎手を背に併せ馬で同入しています。音無調教師は「先週しっかりと追い切っていますが、今週も馬場状態がよかったので時計は出ています。状態はいいので、あとは当日のテンションに気をつけます」と話しています。
3月22日栗東TC4月28日(日)香港・シャティン競馬場で行われるクイーンエリザベスⅡ世カップ(G1・芝2000m)に予備登録しました(登録料無料)。
3月20日栗東TC3月31日(日)阪神・大阪杯に向けて順調です。3月20日(水)に松若騎手が騎乗しては坂路コースで1週前追い切りを行いました。併せ馬で、半マイル51.4-37.7-24.7-12.5の時計をマークしました。今週末と来週の追い切りで、きっちり仕上がりそうです。
3月18日栗東TC3月31日(日)阪神・大阪杯(G1・芝2000m)に特別登録があります。このレースには、フルゲート16頭に対して15頭が登録しています。
3月13日栗東TC3月31日(日)阪神・大阪杯に松若騎手で出走を予定しています。3月13日(水)は坂路コースで追い切られ、半マイル51.3-37.8-24.9-12.6の時計をマークしました。音無調教師は「話を聞いていると、頭数が多くて除外になるかもしれないとのことでした。今週末の登録状況をみればわかりますが、出走できるものとして進めていきます」と話しています。
3月7日栗東TC3月7日(木)に栗東TCへ入厩しました。
3月6日NFしがらき周回コース1800~2700mをハロン23秒のペースで乗られながら、週1日は坂路コース(800m)をハロン15秒で登坂しています。順調に調教を進められており、3月7日(木)の栗東TC入厩が決まりました。現在の馬体重は509kgです。
2月22日NFしがらき入場後はウォーキングマシンの運動に留めて、状態を確認していました。特に疲れもなさそうなことから乗り出しました。3月31日(日)阪神・大阪杯(G1・芝2000m)に松若騎手で出走する予定で、これから調教を進めていきます。現在の馬体重は497kgです。
2月13日NFしがらきレース後変わりありません。2月12日(火)NFしがらきへ放牧に出ています。調教助手は「レースのあとすぐに息が戻ったように心臓の強い馬です。ジョッキーもうまく乗ってくれました」と話しています。
2月10日栗東TC2月10日(日)京都11R・京都記念(G2・芝2200m)に56kg松若騎手で出走して優勝、通算4勝目で2つ目となる重賞タイトルを手にしました。勝ち時計は2.14.8で後続とはクビ差、馬体重は前走からプラス2kgの492kgでした。スタート後は上手く折り合っており、ハナに立った馬を見て2番手の追走となりました。道中も我慢できており他馬が絡んでくるなか、直線では早めに先頭に立ち、内と外から来た馬の追撃を凌いで見事な重賞勝ちでした。
松若騎手は「今日は本馬場入場の際に少し気にはなった程度でしたが、上手く4コーナーの待機所に持っていけました。レースでも折り合いも付いており、僕自身も慌てることなく仕掛けを間違えないよう乗りました。良く凌いでくれて、本馬にはこの距離が一番合うような気がします」と笑顔で話していました。
2月7日栗東TC2月10日(日)京都11R・京都記念(G2・芝2200m)に56kg松若騎手で出走が確定しています。このレースは12頭立てになりました。
2月6日栗東TC2月10日(日)京都・京都記念に56kg松若騎手で出走を予定しています。想定では12頭が出走表明しています。2月6日(水)は坂路コースで追い切られ、半マイル52.1-38.2-24.7-12.3の時計をマークしました。騎乗した松若騎手は「動きはよかったですし、落ち着きもありました」と話しています。また調教助手は「順調に調整できています。力を出せるかどうかは、レースまでにイレ込まないかポイントです」と話しています。
2月4日栗東TC2月10日(日)京都・京都記念(G2・芝2200m)に特別登録があります。このレースには、フルゲート18頭に対して12頭が登録しています。2月3日(日)に坂路コースで14-14の時計を出しています。
1月30日栗東TC2月10日(日)京都・京都記念に松若騎手で出走を予定しています。馬の状態と馬場状態を踏まえて、今週中のどこかで1週前追い切りを行います。
1月23日栗東TCレース後も変わりありません。音無調教師は「テンションが高くなるのは休み明けでも連戦してもそこまで差はないと思います。そのため、次走は2月10日(日)京都・京都記念(芝2200m)を目標にします。北村友騎手は小倉競馬で乗れないので、この馬で勝っている松若騎手を予定しています」と話しています。
1月20日栗東TC1月20日(日)中山11R・アメリカJCC(G2・芝2200m)に57kg北村友騎手し、勝ち馬から0秒7差の6着、馬体重は前走から6kg減の490kgです。4番手でスムーズにレースを進めましたが、直線はジリジリとした反応で伸び切れませんでした。レース後、北村友騎手は「ゲートはスムーズに出ましたし、いいポジションが取れました。伸びそうな感じでしたが、追ってから反応してくれませんでした。今日はどうしたのでしょうか…」とのことで、音無調教師からは「最後に伸びなかったのは最近の追い切りが軽かったのが原因ではないでしょうか。次はびっしりとやりますよ」とのコメントがありました。
1月17日栗東TC1月20日(日)中山11R・アメリカJCC(G2・芝2200m)に57kg北村友騎手で出走が確定しています。このレースは11頭立てになりました。
1月16日栗東TC1月20日(日)中山・アメリカジョッキークラブC(G2)に北村友騎手で出走を予定しています。このレースは11頭立てとなる見込みです。先週に好時計で追い切りをしており、1月16日(水)は坂路コースで併せ馬追い切り、半マイル52.4-38.0-24.8-12.4の時計をマークしています。音無調教師は「北村友騎手が騎乗し、上手く調整ができました。ゲート練習もして態勢は整ったとみており、あとは当日の気配次第といえそうです」と話していました。
1月15日栗東TC1月20日(日)中山・アメリカジョッキークラブC(G2・芝2200m)に特別登録があります。このレースは、フルゲート17頭に対して11頭が登録しています。
1月9日栗東TC1月20日(日)中山・アメリカジョッキークラブCの1週前追い切りを1月9日(水)に坂路コースで行いました。北村騎手が騎乗して単走で半マイル51.2-37.9-25.4-12.9の時計をマークしました。音無調教師は「動けています。春は大阪杯を目標に考えているので、賞金を加算しておきたいです」と話しています。
1月4日栗東TC1月4日(金)は坂路コースで追い切られ、半マイル53.2-38.3-24.8-12.5の時計をマークしました。
2019年
1月3日
栗東TC1月20日(日)中山・アメリカジョッキークラブCに北村友騎手で出走を予定しています。順調に乗られており、1月4日(金)に時計を出します。
12月26日栗東TC12月26日(水)栗東TCに入厩しました。必要に応じてゲート練習を取り入れながら出走態勢を整えていきます。
12月21日NFしがらき入場後はすぐに乗り出して、周回コース2700mをハロン23秒ペースで乗られています。馬体を緩めずに調整できていることから、1月20日(日)中山・アメリカジョッキークラブC(G2・芝2200m)の連覇を目指します。前走と同じ北村友騎手に騎乗依頼しており、調教にも乗ってもらうつもりです。12月26日(水)に栗東TCへ帰厩する予定です。現在の馬体重は503kgです。
12月8日NFしがらき本日12月8日(土)にNFしがらきへ放牧に出ています。
12月6日栗東TC12月6日(木)は坂路コースで単走で追い切り、半マイル59.5-44.1-29.6-15.0の時計を馬なりでマークしました。そのあとゲートで縛りましたが、何も問題ありませんでした。12月7日(金)にも縛ってから、12月8日(土)にNFしがらきへ放牧に出す予定です。
12月5日栗東TCレース後変わりありません。12月6日(木)からゲート内で縛って、慣らす練習を始めます。ある程度練習してから、リフレッシュ放牧に出す予定です。
12月1日栗東TC12月1日(土)阪神11R・チャレンジC(G3・芝2000m)に57kg北村友騎手で出走し、勝ち馬から0.7秒差の4着、馬体重は496kg(+14)でした。道中は後方インコースを追走、勝負どころから内ラチ沿いで脚を伸ばし3着争い加わりましたがハナ差及びませんでした。
レース後、北村友騎手からは「ゲート内で駐立が悪く、開く前に突進して口を切ってしまいました。前めの位置でレースをしたかったのですが、その影響で後方からになってしまいました。最後はこの馬なりに内からしっかり伸びてくれたのですが時計も少し速すぎました。+14kgは少し重め残りだったかと思います」とのコメントがありました。また、音無調教師は「ゲート再審査にはならなかったのですが、注意は受けました。来週ゲート内で縛ってみます」と話していました。
11月29日栗東TC12月1日(土)阪神11R・チャレンジC(G3・芝2000m)に57kg北村友騎手で出走が確定しました。このレースは12頭立てになりました。
11月28日栗東TC12月1日(土)阪神・チャレンジC(G3)に北村友騎手で出走を予定しています。このレースは13頭立てとなる見込みです。11月25(日)には坂路コースで15-15の時計を馬なりでマークしており、11月28日(水)は坂路コースで追い切られ、半マイル53.6-39.0-25.2-12.7の時計をマークしました。音無調教師は「相手に併せたので余裕ある動きでした。テンションが上がらないよう調整しており、競馬場での馬場入りの際は注意します」と話していました。
11月26日栗東TC今週12月1日(土)阪神・チャレンジC(G3・芝2000m)に登録があります。このレースはフルゲート16頭に満たない14頭の登録に留まっています。鞍上は57kg北村友騎手を予定しています。
11月21日栗東TC12月1日(土)阪神・チャレンジCに北村友騎手騎手で出走を予定しています。11月21日(水)は北村騎手が騎乗して坂路コースで追い切られ、半マイル52.6-38.5-25.3-13.0の時計をマークしました。パートナーに先着しており、良い時計で駆け抜けました。プール調教も続けていますが、怖がるところもみせていました。
11月15日栗東TC11月15日(木)は坂路コースで併せ馬を行い、半マイル51.8-38.0-25.2-12.9の時計をマークしました。
11月14日栗東TC11月13日(火)栗東TCに入厩しました。12月1日(土)阪神・チャレンジCに北村友騎手騎手で出走を予定しています。追い切りでもジョッキーに騎乗してもらってコミュニケーションを高めたり、プールに入れて落ち着かせるなど、テンションが高くなることにうまく対応したいと考えています。
11月12日NFしがらき11月13日(火)の栗東TC入厩が決まりました。
11月9日NFしがらきリフレッシュを終えて、周回コース2700mをハロン23秒ペースで乗られています。次走は12月1日(土)阪神・チャレンジC(G3・芝2000m)を予定しており、来週中に帰厩の運びとなります。馬体を緩めすぎないように調整して送り出します。現在の馬体重は502kgです。
10月31日NFしがらき放馬による怪我はありませんでした。10月30日(火)NFしがらきへ放牧に出ています。気難しさがだんだん目に付くようになってきたので、しっかりとリフレッシュしてから次走に臨みます。
10月28日栗東TC10月28日(日)東京11R・天皇賞・秋(G1・芝2000m)に58kg戸崎騎手で出走を予定していましたが、本馬場入場後に放馬し、疲労が著しかったため競走除外となりました。
今日は地下馬道から煩く、なんとか上まで連れていったものの、入場して芝コースに入ったところで戸崎騎手を振り落として放馬してしまいました。ひとまず人馬ともに異常はないとの連絡が入っています。
10月25日栗東TC10月28日(日)東京11R・天皇賞・秋(G1・芝2000m)に58kg戸崎騎手で出走が確定しています。13頭立て6枠8番となりました。
10月24日栗東TC10月28日(日)東京・天皇賞・秋(G1)に戸崎騎手で出走を予定しています。このレースは13頭立てです。10月24日(水)は坂路コースで追い切り、半マイル53.5-38.4-24.7-12.5の時計をマークしました。10月21日(日)は坂路コースで15-15の調教を行っており、あとはゲートを上手く出て流れに乗れば差はないとみています。
10月18日栗東TC10月18日(木)は坂路コースで追い切り、半マイル51.7-37.7-25.1-12.9の時計をマークしました。併せ馬できっちり先着しています。
10月17日栗東TC10月28日(日)東京・天皇賞(秋)に戸崎騎手で出走を予定しています。前走のゲートがよくなかったので、10月17日(水)に練習を行いました。10月18日(木)に1週前追い切りを行います。
10月15日栗東TC10月28日(日)東京・天皇賞(秋)(G1・芝2000m)に登録しました。フルゲート18頭に対して15頭が登録しています。なお、戸崎騎手に騎乗依頼しました。
10月11日栗東TC10/11(木)栗東TCに入厩しました。今週は10/13(土)に坂路コースで追い切りを行う予定です。
2018年
10月5日
NFしがらき馬体を緩めないように周回コース2700mをハロン23秒くらいのペースで乗っています。現時点でのリサーチでは10/28(日)東京・天皇賞(秋)に出走できそうなので、10/11(木)に栗東TCへ入厩する予定です。騎手に関しては、出走馬が固まってから決定します。現在の馬体重は490kgです。
2016年
9月28日
栗東TCこの中間の状態に変わりなく、まだ馬体に多少余裕がありますが、レースまでしっかりと仕上げていきます。今週の追い切りは9/29(木)に坂路コースで行い、10/8(土)東京・サウジアラビアロイヤルC(G3)にルメール騎手で出走を予定しています。
9月21日栗東TC10/8(土)東京・サウジアラビアロイヤルCに向けて順調です。9/21(水)は坂路コースで追い切り、半マイル53.4-39.5-26.1-13.4の時計をマークしました。ルメール騎手に感触を確かめてもらい、併せ馬で先着しました。カイバ食いも良好で、あと3本の追い切りできっちり仕上がりそうです。
9月15日栗東TC9/15(木)は坂路コースで追い切り、半マイル55.1-41.2-26.6-13.2の時計をマークしました。なお10/8(土)東京・サウジアラビアロイヤルカップ(G3・芝1600m)の鞍上は、ルメール騎手に依頼しました。
9月14日栗東TC9/13(火)に栗東TCへ入厩しました。10/8(土)東京・サウジアラビアロイヤルカップ(G3・芝1600m)へ向け、出走態勢を整えていきます。
9月11日NFしがらきこの中間も変わりなく順調です。入厩態勢が整いましたので、9/13(火)に栗東TCへ入厩予定となりました。10/8(土)東京・サウジアラビアロイヤルカップ(G3・芝1600m)を目標に、厩舎で乗り進めていきます。
9月2日NFしがらき周回コース3000mをハロン23秒で乗りながら、週3日は坂路コース(800m)をハロン15秒で駆け上がっています。速めの本数も増えてきて、順調な仕上がりを見せています。再来週くらいに栗東TCへ入厩する予定です。現在の馬体重は485kgです。
8月19日NFしがらき改めて次走を検討した結果、10/8(土)東京・サウジアラビアロイヤルカップ(G3・芝1600m)を目指すことになりました。新馬勝ちしたときと同じ左回りですし、今後に向けて東京のコースも経験できます。坂路コース(800m)ではハロン15秒の速めの調教も開始しており、じっくりといい状態に仕上げていきます。現在の馬体重は481kgです。
8月5日NFしがらき周回コース2500mをハロン23秒で乗りながら、週2日は坂路コース(800m)をハロン17秒のペースで駆け上がっています。次走は9/17(土)阪神・野路菊S(芝1800m)を中心に検討中です。これからの仕上がり具合をみながら判断します。現在の馬体重は479kgです。
7月22日NFしがらきしばらくウォーキングマシンの運動だけで楽をさせてから、周回コースで軽い騎乗調教を開始しました。状態に変わりなく、徐々に調教のピッチを上げていきます。秋競馬の番組が発表されてから、次走を検討します。現在の馬体重は469kgです。
7月10日NFしがらきレース後変わりなく、そのまま7/9(土)のうちにNFしがらきへ放牧に出ています。
7月9日栗東TC7/9(土)中京5R・2歳新馬戦(芝1600m)に松若騎手で出走・デビューし1着、馬体重は464kgでした。まずまずのスタートから5番手のポジションでレースを進め、道中はインコースで脚を溜めながらの追走でした。4コーナーを周って早々に前に並ぶと、直線では余裕の手応えで一気に突き放してゴール、2着馬に5馬身差をつける快勝でデビュー勝ちを飾っています。勝ち時計は1分40秒7でした。
レース後、松若騎手からは「昨年同じ厩舎で新馬勝ちさせてもらったブラックスピネルとタイプが似ていると感じました。道中は不良馬場でのめってフラフラしていましたが手前はしっかり替えていました。直線は手応えも良かったですし、しっかりと伸びてくれて、素質を感じますね。1600mでしたが距離は伸びても大丈夫だと思います」と、また音無調教師からは「調教も動いていたし新馬勝ちしくれてホッとしています。勝っても負けても夏休みを入れようと思っていたので、この後はNFしがらきへ放牧に出します」とのコメントがありました。
7月7日栗東TC7/9(土)中京5R・2歳新馬戦(芝1600m)に松若騎手で出走・デビューが確定しています。このレースは13頭立てになりました。
7月6日栗東TC7/9(土)中京・芝1600m戦に松若騎手でデビューする予定です。想定ではフルゲートに満たない13頭が出走意思を表明しています。7/6(水)は坂路コースで併せ馬を行い、半マイル53.3-39.4-25.5-12.4の時計で先着しました。今週も終いはいい脚でしたし、先週びっしり追い切ったので、態勢は整ったとみています。
6月30日栗東TC6/29(水)の追い切りの動きがよく、来週には出走態勢が整いそうです。来週7/9(土)中京・芝1600m戦に松若騎手でデビューを目指すことになりました。
6月29日栗東TCこの中間の状態に変わりなく、6/29(水)は坂路コースで追い切り、半マイル51.6-38.4-25.4-13.0の時計をマークし、良い動きを披露しました。カイバ食いも落ちず、体調面も非常に良いため、現時点では7/9(土)中京・芝1600m戦か、7/17(日)中京・芝2000m戦のいずれかでのデビューを予定しています。
6月23日栗東TC6/23(木)は坂路コースで追い切り、半マイル53.2-39.4-26.1-13.5の時計をマーク、併せ馬に同時入線しました。
6月22日栗東TCカイバ食いも安定しており、このままデビューまで進められそうです。6/23(木)に時計を出します。このあとの仕上がり次第ですが、7/17(日)中京・芝2000m戦あたりがデビュー戦の候補です。
6月15日栗東TC6/15(水)にゲート試験を受けて無事合格しました。このまま厩舎で調整して、デビューを目指していく方針です。
6月8日栗東TCキャンターの動きにはバネが感じられるとの評です。ゲート練習を始めており、入りと駐立は問題なく、軽く出す練習も行っています。順調に進めば、来週中にゲート試験を受けられるかもしれません。カイバもきっちりと食べています。
6月3日栗東TC6/3(金)栗東TCに入厩しました。新しい環境に慣らせながら、ゲート練習を進めます。
6月1日NFしがらき移動後も普通キャンターでの調整を続けています。6/3(金)の栗東TC入厩が決まりました。
5月20日NFしがらきウォーキングマシンの運動から周回コースでの騎乗調教へと進めています。輸送で少し馬体が減った感じはありましたが、すぐに回復しています。早ければ来週にも栗東TCへ入厩する予定です。現在の馬体重は477kgです。
5月12日NFしがらき順調に進んでいることから、あとは栗東TC近くのNFしがらきで仕上げていきます。NF早来から移動の中継地点であるNF天栄に5/12(木)到着し、半日休んだあとNFしがらきへ再移動しています。
5月6日NF早来週3日は屋内坂路(800m)1本をハロン15~16秒で、ほかの3日は周回コース2000mをハロン20~22秒ペースで乗り込んでいます。相変わらず跳びの大きなキャンターを披露しており、最近では軸が安定して動きに左右のブレが少なくなりました。ハロン15秒の本数が増えてきても、しっかりと対応できていますし、引き続きテンションが上がり過ぎていない状態です。もう少し馬体がフックラしてくれば理想的ですが、移動できる態勢が整いつつあります。現在の馬体重は466kgです。
4月14日NF早来4/14(木)に第1回北海道地区産地馬体検査を受検し、栗東・音無秀孝厩舎と預託契約を結びました。
4月1日NF早来順調に乗り進められており、現在は週3日坂路コース(800m)をハロン15~16秒ペースで1本、ほかの3日は周回ダートコースでハロン20秒のキャンター2000m、というメニューを消化しています。相変わらず良い動きで抑えきれないくらいの手応えですが、馬の後ろではしっかり我慢が利きます。またハロン15秒のペースでも息の入りが良く、心肺機能の高さも伺えます。馬体重は468kgと先月とほとんど変わりありませんが、徐々に馬体に幅が出てきた印象です。テンションも高くなっていないので、これを維持しながら調教を進めていきたいところです。3月に計測した体高は160cm、胸囲は179cm、管囲は21.1cmでした。なお、本馬は4/14(木)に行われる産地馬体検査を受検する予定です。
3月4日NF早来引き続き順調で、現在は週3日屋内坂路コース(800m)をハロン16秒ペースで1本、ほかの3日は周回ダートコースでハロン20~22秒ペースのキャンター1800m、というメニューを消化しています。最近は、だいぶリラックスして走れるようになったことで力みが消え、よりスムーズな肢さばきで坂路を登坂しています。ゆったりとした伸びやかなキャンターはいかにも芝の中距離で力を発揮しそうな印象です。馬体に張りが出て、締まってきましたが、少し腹周りが細く映ってきましたので、あまり減りすぎないように注意して進めます。現在の馬体重は467kgです。
なお、馬名は「ダンビュライト」(Danburite 無色透明、淡いピンク、黄色、紫などの色彩をもつパワーストーン)に決まりました。
2月5日NF早来この中間も順調に進められ、現在は週3日屋内坂路コース(800m)をハロン16秒ペースで1本、ほかの3日は周回コースでハロン20~22秒ペースのキャンター1800m、というメニューを消化しています。坂路では相変わらず素晴らしい動きで、ペースを上げても楽な手応えで上がり、調教後の息の戻りも抜群です。父譲りの跳びの大きな走りで、最近では馬群の中でも抑えが利くようになってきました。毛ヅヤが良く、馬体に張りもあり状態面も申し分ありません。またテンションが上がるようなこともなく、落ち着いている点も好感が持てます。現在の馬体重は470kgです。
2016年
1月8日
NF早来この中間は、週3日周回コースでハロン20秒のキャンター2000m、ほかの3日は坂路コース(800m)をハロン17秒ペースで1本登坂し、徐々にペースを上げています。相変わらず動きは良く、坂路での行きっぷりも豪快です。常歩では、以前は物見をしてソワソワする面もありましたが、現在は大分キビキビと集中して歩けるようになってきました。ペースが上がってもカイバ食いや体調面に問題はなく進められています。今後も乗りながら心身ともの成長を促します。現在の馬体重は471kgです。
12月4日NF早来引き続き順調に進められ、現在は週3日坂路コース(800m)をハロン18秒、ほかの3日は周回コースにて1800mをハロン20~22秒ほどのキャンターを行っています。坂路では、しっかりとした脚捌きで抑えきれないくらいの手応えで登坂しており、非常に前向きな本馬であります。少しやんちゃな面が出てきましたので、上手くコントロールできるように注意して進めてまいります。調教が進むにつれて、馬体にハリが出てきて、より引き締まった印象です。相変わらず毛ヅヤが良く体調面もすこぶる順調です。現在の馬体重は470kgです。
11月6日NF早来この中間はロンギ場での乗り馴らしを経て、コース調教を開始しています。週5日周回コースで軽めキャンター2400m、ほかの1日は坂路コース(800m)にも入り、ハロン20~22秒ペースで1本上がっています。手先が長く、バランスの取れた好馬体は、募集当初から崩れることなく順調な成長が伺えます。走りは、まだまだ集中し切れていないものの、とにかく乗り味は素晴らしく、良い素材であることは間違いありません。気性は、やや臆病で、我の強い一面もありますが、学習能力は高く、今後もコントロールして上手く能力を引き出していきたいと思います。現在の馬体重は471kgです。
10月2日NF早来イヤリング厩舎から移動して間もないですが、ある程度馴らしていたのでスムーズに馴致を進めています。いまはサイドレーン(頭を上げないようにする馬具)を装着してウォーキングマシンの運動60分間を行っています。まだ物見をしたり、環境に慣れていないと思わせるシーンがありますが、時間が解決するとみています。バランスのいい馬体で、動きに柔らか味があります。9月の牧場見学ツアー時の測尺は、体高155cm、胸囲173.5cm、管囲21.1cm、現在の馬体重は469kgです。
2015年
9月17日
NF早来9/17(木)にNFイヤリングからNF早来へ移動しました。馴致を進めていきます。

最新レポートへ

サンデー所属馬一覧