タイムフライヤー 武蔵野S 2着

タイムフライヤー 更新情報

更新日在厩地・公式レポート
11月9日栗東TC
11月9日(土)東京11R・武蔵野S(G3・ダート1600m)に56kg藤岡佑介騎手で出走し、勝ち馬から0秒2差の2着、馬体重は前走と変わらず464kgでした。互角のスタートからいったん抑え、前と後ろの2つの馬群のちょうど真ん中をポツンと追走する形となりました。手応えよく最後の直線を迎えるとスムーズに外に出して追い出され、ホープフルS以来の先頭でのゴールをめざしました。しかし、最後は勝ち馬との叩き合いの末、1馬身1/4及びませんでした。
レース後、藤岡佑介騎手は「前走は力んでいたと聞いていたので、前に馬をおいてリラックスさせて走らせる作戦でした。うまく内からポジションを上げ、勝ちパターンだと思ったのですが、勝ち馬の決め手が上でした」と話しています。また、松田調教師は「今日は反応が速かったですね。あれくらいの反応ができるなら、もっとゆっくり乗ってもよかったかもしれません」と話しています。

土曜日はタイムフライヤーの応援に行ってきました。
結果は2着!頑張ってくれました(ToT)
藤岡佑介騎手は急な代打にも関わらず、最高の騎乗をしてくれました!ありがとうございます。

タイムフライヤー

タイムフライヤー

藤岡佑介騎手

タイムフライヤー

↓クロノの出資者の方から頂いた写真。タイムフライヤーの横断幕嬉しかったです。

タイムフライヤー横断幕

今回は道中控えて脚を溜め、直線勝負の競馬。
エルムSとシリウスSは前目の競馬で最後沈んでしまいましたが…
直線に懸ける競馬が見事にハマりました!
もちろん勝って欲しかったですが、ホープフルS以来の連対です。
久しぶりの激走に感動しました。

ここで賞金を加算できたのは大きいですね。
次走については次の更新で正式に発表するとお聞きしました^^

希望は前にも書きましたが、ムーア騎手でチャンピオンズC。
一昨年のチャンピオンズは現地で観戦しましたが、ムーア騎手の騎乗にシビれました。目に焼き付いています。
今回はムーア騎手の来日延期で叶いませんでしたが、次こそ乗って欲しいな〜

前身のジャパンカップダート時代から大好きなレースで愛馬を応援できることを楽しみに、次の発表を待ちたいです。

 
やっぱりタイムフライヤー大好きだよ。
本当にありがとう(*´-`)
必ず大きなタイトルをまた取れる!!

コメント