☆皐月賞☆タイムフライヤー10着

15日、皐月賞に出走した愛馬タイムフライヤーの応援に行ってきました。
春の嵐で大雨という予報でしたが、中山競馬場に到着した1時頃には既に雨は止んでいてどんよりとした天気でした。

同じ出資者の方達と合流して、少しのんびりと過ごしたらあっという間に皐月賞のパドック🐎



馬体重は454kg。前走からはマイナス4kgですが、木曜日の午後に発表された調教後の馬体重が464kgだったので大分減らしたなーという印象。
パドックでは相変わらずマイペースにのんびりと歩く感じでした。

返し馬の前には少しチャカつく場面も。


どんな場面でも、タイムフライヤー頑張れ!!と声が出てしまいます。

レースはゴール前で観戦。
出ていればダントツの人気を集めたであろうダノンプレミアムが回避で、混戦模様の皐月賞。
前走の惨敗で6番人気と大きく人気を落としましたが、時計の掛かる稍重の馬場も味方してある程度はいい結果が出ると思っていましたが。。
結果は10着とまたしても惨敗でした。

スタートもスムーズで、1000m通過が59.2と超ハイペースの中、道中も直線の入りもいいポジションで競馬が出来たと思います。
しかし、上がり35.8と伸びを欠き10着でゴールイン。
残念ですが、完全に力負けでした😵

↓レース後の公式レポート

4/15(日)中山11R・皐月賞(G1・芝2000m)に内田博騎手57kgで出走し、勝ち馬から1.1秒差の10着、馬体重は454kg(-4)でした。全馬ほぼ揃ったスタートから3頭が離してレースを引っ張る形で、本馬は中団の馬群の中を流れに乗って追走しました。直線では馬場の真ん中から追い出されましたが、思うような伸び脚は見られませんでした。
レース後、内田騎手からは「道中は勝ち馬を見る位置につけられて、内めの馬場は悪いので外に出して、流れに乗って手応え良く追走できていました。しかし、勝負どころで追ってから手応えがなくなって伸びませんでした。道悪での走りもそんなに悪くなかったのですが……」と首をかしげてコメントしていました。

残念な結果ではありましたが、クラシックという大舞台で元気に走ってくれた愛馬を見て感動しました🏇
次走は日本ダービー。
ダノンプレミアムの出走も考えられますし、青葉賞組や先月の毎日杯で圧巻の強さを見せたブラストワンピース等も加わり更に強力なメンバーとなります。
厳しいレースになると思いますが、ダービーまで順調に調整が進み少しでもいい競馬をしてくれたらなと思っています。

引き続き精一杯応援したいです🎵

コメント