レーティング

恒例の『ロンジン ワールド ベスト レースホース ランキング』(2017年1月1日から7月9日)が発表されました。

ランキングトップは引き続きアロゲートで134ポンド、第2位も変わらずウィンクルで132ポンド。第3位はガンランナーで125ポンド。

肝心の日本馬はというと、
キタサンブラック、サトノクラウンが並んで12位タイ、121ポンド。
レイデオロ、サトノダイヤモンドが並んで19位タイ、120ポンド。

私的には正直、このレーティングの基準もイマイチだし、評価も欧米馬に偏りがちで、あてになるとは思えないのですが、、
日本馬の評価はどのくらいなのか、いつも調べてしまいます(笑)

確かに、今年のドバイワールドカップでの
アロゲートの強さは怪物級でしたが😮

コメント